>>初心者必見!おすすめの証券会社

東証、PTS、SORの違い

※本サイトはアフィリエイト広告・アドセンス広告を使用しています。
東証、PTS、SORの違いについての解説漫画

株を始めたばかりの初心者の方は、東証やPTS、SORなど聞きなれない単語が多いと思います。

今回は東証、PTS、SORについて記事を書きました。

目次

東証とは

まずは東証について説明をします。

東京証券取引所は、日本最大の証券取引所です。略して東証とも呼ばれます。

東京証券取引所には、業績や時価総額などを基準に、「東証プライム」「東証スタンダード」「東証グロース」の3市場があります。

https://www.smbcnikko.co.jp/terms/japan/to/J0004.html

東証は通常の株式市場のことです。

この東証を簡単に例えるとイオンなどの大型スーパーになります。

大型スーパーですので在庫が豊富に有ります。

その為、価格もある程度安くなっています。

店によって価格が統一されているため高く買ってしまうなどの心配はありません。

また買取ができる店舗の場合はある程度の買取価格も決まっているため、安くなりすぎることもありません

PTSとは

PTSとは、Proprietary Trading Systemの略称で、証券取引所を経由せずに株式を売買できる「私設取引システム」のことをいいます。

https://faq.monex.co.jp/faq/show/4842?category_id=370&site_domain=default

PTSの場合は近所の八百屋さんなどになります。

近所の八百屋さんなので、その店ごとの価格となっているため高くなったりします。

高くなる理由としてはやはり大量に入荷等が厳しいためです。

SORとは

「SOR(スマート・オーダー・ルーティング)注文」とは、複数市場から最良の市場を選択して注文を執行する形態の注文です。

https://www.rakuten-sec.co.jp/smartphone/domestic/sor/?l-id=select_sp

SORは価格.comみたいなイメージでイオンや近所の八百屋さんなど価格を比較してどちらか安い方で買うことができます。

どれで取引するのが良いのか

東証は取引が盛んなためある程度希望した値段で売買することができます。

PTSの場合はそこそこの市場で、取引が少ないため希望する価格で売買する事はなかなか難しいです。

どの取引も人との市場で売買するのか迷った場合はSORで取引するのがお勧めです。

価格.comなどのような価格が比較できるため、株取引も有利に進めることができます。

ただし、SBI証券が以前問題を起こしたこともあるので、この辺は注意しようがありませんが、心の隅に留めていてください。

当サイトはSWELLを使用して作成しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

投資歴11年目です。(2024年現在)
今までバリュー投資やグロース株投資、債券、金投資など様々投資を経験しています。
その経験を踏まえて漫画と記事を書いています。

目次