信用取引のクーリング・オフ

信用取引のクーリング・オフ

株式取引でのクーリング・オフについて解説している漫画です。

クーリング・オフとは

クーリング・オフとは消費者が訪問販売などで契約した場合に一定期間であれば無条件で、一方的に契約を解除できる制度です。

主にマルチ商法や電話勧誘などでの悪徳な商品に対して使用する制度です。

投資商品はクーリング・オフできない?

投資信託や株式などを購入した場合にクーリング・オフ出来ないかと思うことがあるかと思います。

結論から言うとクーリング・オフは出来ません。

法律上では金融商品取引法に基づいて金融機関等から購入した株式などはクーリング・オフの対象外になります。

但し、投資顧問契約などは対象となる場合があるのでクーリング・オフしたい場合は確認してみるのも良いかと思います。

出来たらボロ儲け

余談ですが仮に株式などをクーリング・オフできたらボロ儲け出来ます。

株価が下がったらクーリング・オフを行なって返金してもらい株価が上がったらそのまま利確などすれば負ける事がないからです。

そもそも出来ないですが・・・仮の話です。

一言

株式や投資信託を購入する際はしっかりとリスクなどにも注意して納得の上投資しましょう。
クーリング・オフは出来ませんよ。

信用取引でのクーリング・オフの原稿

やばい、間違って信用取引してしまった。

そういえばクーリング・オフって制度あったような・・・

信用取引はクーリング・オフの対象にはなりませんよ

・・・

※ホームページの情報を使用して投資を行なったも良いですが、自己責任です。
損失が発生しても責任は取れません。
※情報は正確にと努めていますが間違い等もある可能性があります。
投資前にご確認下さい。