積立NISAと通常NISA、どっちが良いの?

【漫画】積立NISAと通常NISAどっちが良いの?

積立NISAと通常NISAどちらが良いのかを解説した漫画です。

【漫画】積立NISAと通常NISAどっちが良いの?②

積立NISAと通常NISAどちらが良いのかを解説した漫画のアイキャッチです。
積立NISAと通常NISAどちらが良いのかを解説した漫画です。

解説

積立NISAと通常NISAどちらが良いか悩む人も多いかと思います。

それでは積立NISAと通常NISAどちらが良いのか解説します。

結果から言うと人それぞれです。笑

投資期間が長く取れる場合

投資期間が長く取れる人の場合は積立NISAが良いです。

これは非課税期間が通常NISA5年間であるのに対して積立NISA20年間有るためです。

20年間投資した場合は積立NISAは通常NISAと比較しても投資金額を多く取れるメリットが有ります。

投資信託の積立をしたい場合

最近よく聞くオルカン(全世界株式)S&P500などの投資信託を積立したい場合はこちらも積立NISAがおすすめです。

通常NISAでも投資は可能ですが積立は長期運用する事が多いと思うので前述の理由で積立NISAを選ぶのが良いかと思います。

個別株やETFをしたい場合

個別株やETFに投資したい場合ですがここでようやく通常NISAの登場です。

個別株やETFをしたい場合は通常NISAになります。

理由としては積立NISAではそもそも個別株やETFは買えないので必然的に通常NISAという選択になります。

NISAのデメリット

しかしNISAは非課税メリットなど良いことだらけかと思われがちですがデメリットもあります。

最大のデメリットは損益通算できない点です。

損益通算とは損失を確定したらその年の利益と通算できる仕組みです。

簡単に言うと利益出たら税金払いますがその利益と損失を合わせると利益が減るため税金も安くなるという仕組みです。

元々NISAは非課税ですので税金を払っていません。

その為損益通算できないという感じですね。

※特定口座とは口座が別な為損益通算は出来ません。

損益通算できないということは損切りのメリットが一つ減ってしまう為中々損切りが出来なくなるという結果になる可能性が高いです。

おまけに損失ということは利益が出ていない為非課税になるというNISAの最大メリットも受けることが出来ないという結果になります。

※ホームページの情報を使用して投資を行なったも良いですが、自己責任です。
損失が発生しても責任は取れません。
※情報は正確にと努めていますが間違い等もある可能性があります。
投資前にご確認下さい。