株価が安い方を買う

安い株を買うだけが成功の鍵ではありません

初めて株式投資を始めたばかりの方々へ、安い株を選ぶことだけが成功への近道ではないことをお伝えしましょう。

この記事では、なぜ株価だけにとらわれず、会社の中身を見ることが大切なのかをご説明いたします。

結論から言えば、投資は慎重な分析と情報収集が必要です。

株価だけで決める事の危険性

株価だけでなく、中身を見よう

新たな投資家の方々に強調したいのは、株価だけを基準に株を選ぶことは危険だということです。

株式投資を成功させるためには、株価だけでなく、企業の実力や将来性を考慮することが肝要です。

理由

なぜなら、株価だけにとらわれると、良い機会を逃す可能性が高まります。

株価は一時的な変動に過ぎず、その根拠は企業の実力や将来の見通しに基づいています。

したがって、株式選択の理由は株価だけでなく、企業の基本的な健全性も考慮しなければなりません。

具体例

具体的には、商品を例に取ってみましょう。

たとえば、300円の5円チョコと50万円の新車がある場合、値段だけを見れば5円チョコを選ぶかもしれません。

しかし、これは全体のコンテクストを無視した選択です。

同様に、株式投資でも株価だけでなく、企業全体の状態を考えることが大切です。

まとめ

そのため、株式投資を始める際には、株価に囚われず、会社の財務状況、競争力、成長戦略など、幅広い情報を収集しましょう。

株価は参考になりますが、全体像を見ることが成功への鍵です。

安い株だけでなく、将来性のある株を見つけることが、賢い投資のステップです。

この記事では、初心者の株式投資家向けに、株価だけでなく企業の中身を見る重要性について解説しました。

安い株を選ぶことだけが成功の要因ではありません。

投資は慎重な分析と情報収集が必要です。

将来の成功に向けて、株式選択において幅広い要因を考慮することをお勧めします。

漫画の原稿

①ま「AとBの株どちらが良いのかな

②ま「AとBなら株価Bが安いからBにしよっと

③あ「株価だけ見て安いは判断するのは危ないですよ。

④あ「例えば300円の5円チョコ、50万円の新車値段で見ると5円チョコを選んでしまいます