ランダムウォーク理論

株式投資を始めたばかりの初心者の皆さん、株価の未来を予測することは難しいことをご存知ですか?

この記事では、初心者向けにランダム・ウォーク理論という株式投資の重要な概念を解説します。

ランダム・ウォーク理論とは何か?

ランダム・ウォーク理論は、株価の値動きが予測不可能であると主張する理論です。

これは、株価はランダムな要因や情報によって変動し、未来の価格変動を予測することはできないという考えに基づいています。

つまり、株式市場は効率的で、価格には既知の情報が反映されていると仮定します。

ランダム・ウォーク理論の根拠

多くのアクティブファンドは、インデックスファンドに勝てないと言われます。

これは、プロのファンドマネージャーたちでさえ、株価の未来を正確に予測できないことを示唆しています。

ランダム・ウォーク理論の事例

「目隠しでダーツをして当たった銘柄のポートフォリオに勝てますか?」という問いに対する答えは、驚くかもしれませんが、ランダムに銘柄を選んだポートフォリオと、プロの選別によるポートフォリオどちらが勝てるのか?という意味を持っています。

これは、株式市場の予測が難しいというランダム・ウォーク理論の一部を体現しています。

なぜ株価の予測は難しいのか?

簡単に言えば、株価の予測は難しいのは、株式市場が複雑で多くの要因に影響を受け、ランダムに変動するためです。

初心者の方々にとって重要なのは、投資の際に冷静にリスクを管理し、過度な予測に頼らず、長期的な視野で投資を考えることです。

漫画の原稿

ま「ランダム・ウォーク理論って何ですか?

あ「株価の値動きは予測が出来ないのを説明する理論です。

あ「目隠した私がダーツをして当たった銘柄のポートフォリオに勝てますか?

ま「うーんどうですかね?

あ「簡単に言うと予測は難しいって理論です。あくまでも理論です笑