>>初心者必見!おすすめの証券会社

【漫画解説】配当金はあった方が良いのか?

※本サイトはアフィリエイト広告・アドセンス広告を使用しています。
配当金はあった方が良いのかについて漫画解説

株式投資を始めたばかりの初心者の方は高配当株に目が行く人も多いかと思います。

確かに高配当株は目に見えてお金が入ってくるので魅力的に見えてきますね。

この記事ではそんな配当株について解説していきます。

目次

配当金はあった方が良いのか

それでは結論からですが配当金はあった方がいいのか?

結論は銘柄によるです。

配当金は必ずしもあった方がいいわけではありません。

グロース株の場合

まずはグロース株の場合ですがグロース株の場合は配当金はない方がいいと思います。

グロース株の場合年々売上高が増えていっているのが特徴です。

その為配当金にお金使うなら業績拡大の為に使ってくれた方が株価も上がってハッピーになれますよね

その為グロース株の場合は無配の方が良い結果になりやすいです。

凄腕トレーダーの例

先ほどのパターンを例えて言うと貴方は凄腕トレーダーにお金を渡して代わりに運用してもらっています。

凄腕トレーダーがお金を増やしたから配当金として受け取って欲しいと言ってきました。

しかし、配当金を貰うぐらいならそのお金も運用して増やして欲しいと思いますよね?

そのような感覚です。

バリュー株の場合

反対にバリュー株の場合は配当金があった方が良いと思います。

バリュー株の多くは成長期から成熟期になっており売上高の成長は中々難しいです。

それであれば得た利益は配当金として下さいと言う感じになります。

企業の内部に溜め込んでも死に金になってしまいます。

価値の低下

注意点としては配当金が出るとその分会社の価値は下がってしまいます。

保有している現金を渡すわけですので会社内の現金が減るので当たり前のことです。

配当利回りだけ見ない

又投資判断で配当利回りだけ見るのも危険です。

配当利回りは実際のところ高めようと思えば簡単にできます。

配当金を多く出せば良いだけなので

しかし、配当金を継続して出せるかは別問題ですし利益以上の配当金を出すと会社自体が危なくなります。

その為高配当だから良いと言う考えでは失敗しやすいです。

投資判断にはならない

上記の理由で配当利回りだけ見ての投資判断は危険になります。

配当性向や事業内容、キャッシュフローや業績など他の指標も見て良いなと思えたら投資をするのが良いです。

配当金の有無は一概には言えない

グロース株などを始め配当金の有無は投資判断にはならない点に注意が必要です。

当サイトはSWELLを使用して作成しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

投資歴11年目です。(2024年現在)
今までバリュー投資やグロース株投資、債券、金投資など様々投資を経験しています。
その経験を踏まえて漫画と記事を書いています。

目次