>>初心者必見!おすすめの証券会社

PERの罠 売却益が多い

※本サイトはアフィリエイト広告・アドセンス広告を使用しています。

投資初心者の方は銘柄分析をしていくと、PERと言う言葉を知る機会が早めの段階であるかと思います。

今回はこのPERを使った場合の注意点を解説していきたいと思います。

目次

前期と比べて割安の場合

PERが前期と比べて、割安の場合は注意が必要です。

もしかしたら何か資産等を売却して利益が急激に増えた可能性もあります。

特別利益等が増えている場合は今回だけの可能性が高いため、その点は注意が必要です。

過去と比較する

過去と比較して突発的に上がっていたりする場合も注意が必要です。

なぜ今年度だけが割安になっているかなどその辺を分析して、それでも割安の場合は購入を検討してみると良いかと思います

当サイトはSWELLを使用して作成しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

投資歴11年目です。(2024年現在)
今までバリュー投資やグロース株投資、債券、金投資など様々投資を経験しています。
その経験を踏まえて漫画と記事を書いています。

目次