6920)レーザーテック 2021/4Q まとめ

6920)レーザーテック 2021/4Q まとめです。

業績

決算期四半期売上高%営業利益%経常利益%純利益%
2020/064Q42,5724815,0629015,1159310,82382
2021/064Q70,2486526,07473.126,43874.919,25078
項目今期前期%
粗利率52.60%54.01%97%
営業利益率37.12%35.38%105%
販管費率15.49%18.62%83%

・半導体業界→

 高まる米中摩擦による地政学リスク半導体不足が懸念

 各国において技術力の強化やサプライチェーンの見直しを目的とした政策

 半導体デバイスメーカー各社による投資計画の上方修正が発表された。

・5Gのスマートフォンをはじめとする通信機器

リモートワークやオンライン会議などの拡がりによるPC並びにデータセンター向けの最先端半導体に対する需要が拡大

・ロジック・メモリデバイスメーカー→

 最先端のEUV(極端紫 外線)リソグラフィを用いた半導体製造工程の導入を加速

 今後の半導体関連装置市場は更なる拡大が 見込まれる。

連結売上高は70248百万円(前連結会計年度比65.0%)

・半導体関連装置が5841百万円(前連結会計年度比69.9%)

その他が3638百万円( 連結会計年度比69.1%)

サービスが828百万円(前連結会計年度比35.7%)

・営業利益が26074百万円(前連結会計年度比73.1%)

経常利益が26438百万円 (前連結会計年度比74.9%)

親会社株主に帰属する当期純利益が19250百万円(前連結会計年度比77.9%)

時期の見通し

次期には新型コロナウイルス変異株の流行や米中摩擦の拡大などが不安定要素となるものの、当社グループの主要販売先である半導体業界では旺盛な半導体需要を背景として引き続き設備投資が活発に行われると予想されます。

・売上高830億円

営業利益270億円

経常利益270億円

親会社株主に帰属する当期純利益210億円を予測

キャッシュ・フロー

営業活動によるキャッシュ・フロー

営業活動によるキャッシュ・フローは、10488百万円の収入(前年同期比36.4%)

税金等調整前当期純利益26438百万円

前受金の増加額15342百万円などの収入要因

たな卸資産の増加額19756百万円

法人税等の支払額6977百万円

仕入債務の減少額2733百万円などの支出要因を上回ったことによるもの

投資活動によるキャッシュ・フロー

投資活動によるキャッシュ・フローは、37億3百万円の支出(前年同期比81.7%増)

無形固定資産の取得による支出2867百万円)

財務活動によるキャッシュ・フロー

財務活動によるキャッシュ・フローは、4242百万円の支出(前年同期比51.5%)

配当金の支払額4238百万円

一言

為替差益前期と比較して大きいですね。
半導体これから先どうなるのやら・・・

※ホームページの情報を使用して投資を行なったも良いですが、自己責任です。
損失が発生しても責任は取れません。
※情報は正確にと努めていますが間違い等もある可能性があります。
投資前にご確認下さい。