8303)新生銀行 TOBまとめ

8303)新生銀行 TOBまとめです。

基本情報

SBIHD

国内外ベンチャー企業投資、ネット証券、銀行などの金融事業を行なっています。

新生銀行

旧長銀。消費者金融レイクALSAが柱。

大株主にSBIHD(4,273万株保有:16.4%)

経緯

2021年9月9日

・SBIHDの完全子会社であるSBI地銀ホールディングスが新生銀行の株式を公開買付すると発表。

 買付予定数:58,211,300株

 買付金額:116,422,600,000円

 1株当たりの買付価格:2,000円

TOBで保有比率を最大48%に引き上げて連結子会社化することを目指しています。

尚今回のTOBは敵対的TOBになります。

SBI証券:2,806(9/9)→3,020円(9/10)終値ベース

     一時3,040円まで上昇

新生銀行:1,440(9/9)→1,966円(9/13)

     この間はストップ高になります。

     一時2,030円まで上昇

2021年9月14日

・新生銀行が買収防衛策の導入を検討している事が分かる。

・新規に株式を発行してSBIの株式保有比率を下げる案(ポイズンピル)

・新生銀行:1,890円(9/15)

・SBI:2,850円(9/15)

2021年9月15日

・新生銀行がTOBに対抗するため有効的なスポンサーとしてソニーグループに打診

 (ホワイトナイト)

・ソニーが応じればSBIとの価格競争になることが想定。

・・・現在ここです。

※ホームページの情報を使用して投資を行なったも良いですが、自己責任です。
損失が発生しても責任は取れません。
※情報は正確にと努めていますが間違い等もある可能性があります。
投資前にご確認下さい。