3837)アドソル日進 2022/1Qまとめ

3837)アドソル日進 2022/1Qまとめです。

業績

決算期四半期売上高%営業利益%経常利益%純利益%
2021/031Q3,433348357262
2022/031Q3,011-12.3233-33.1243-32167-36.1
2022/03通期(予)14,20051,35051,3815.19101.3
項目今期前期%
粗利率25.56%25.33%101%
営業利益率7.75%10.15%76%
販管費率17.82%15.18%117%

・ICT市場の状況

 2021年度ソフトウェア投資計画(全産業+金融機関)が前年比16.1%増の高水準

 →企業の ICT投資意欲は高い

 (202171日公表の日銀短観(6月調査)より)

・ICT投資需要は非常に旺盛

 →この分野を最重要市場と定め、事業基盤の拡大を図る。

  ①エネルギーICT戦略(電力・ガス:最重要市場)

  ②エネルギー分野(電力・ガス)

   ①②→カーボンニュートラル

      エネルギー効率化

      スマートグリッド

      保安点検のICT

      自然災害対応(レジリエンス)

      老朽化対応など、

テレワーク・ ソリューション「セキュア・ラップトップ」→

 兵庫県・芦屋市役所にて正式採用されました。

より高度なセキュリティが求められるネットワ ーク環境に対応した新ソリューション(セキュア・iソレーション)の開発に取り組む。

研究開発活動の成果→

 セキュリティ関連で14件目となる特許を取得

 ・新型コロナウイルス感染症の再拡大懸念→

 一部のプロジェク ト開始が第2四半期連結会計期間以降に見送られた

売上高は3,011百万円(前年同期は3,433百万円)

・コロナ禍における新入社員研修の更なる充実化

関西支社におけるデジタル・イノベーション・ ラボの設置等の投資を実施。

営業利益は233百万円(前年同期は348百万円)

セグメント

社会インフラ事業

事業内容

・交通・運輸分野(道路・鉄道、航空・宇宙等)
通信・ネットワーク分野(次世代通信5G等の通信関連)
エネルギー分野(電力・ガス関連)

プラス要因 

 ・交通・運輸分野→
  宇宙関連が計画通りに推移

    ・通信・ネットワーク分野
  5Gを中心とした基地局関連が拡大

マイナス要因

 ・エネルギー分野→
  事業再編
  自由化後のシステム更新需要などに継続して取り組む。
  しかし、顧客におけるICT投資の実施判断を見極める動きが強い。
  予定した大型案件の開始が当第2四半期以降に延期

売上高は、1,864百万円(前年同期は2,156百万円)

先進インダストリー事業

事業内容

・制御システム分野(次世代自動車、産業機器、設備機器、医療機器等)
・基盤システム分野
  キャッシュレス・決済やクレジットカード・システムを中心→
   基盤系システムや、業務システム関連

プラス要因

・制御システム分野
 次世代自動車(先進EVや、自 動運転)が計画通り推移
 次世代決済・カード関連や業務システム関連が拡大
ソリューション分野→
 「テレワーク・ソリューション:セキュア・ラップトップ」が兵庫県・芦屋市で採用
次世代スマートメータ関連での対応に注力

マイナス要因

メディカル関連が減少
基盤システム分野では、旅行関連が減少

売上高は、1,146百万円(前年同期は1,276百万円)

一言

販管費増加の影響で営業利益率低下。
助成金収入収入が前期に比べて増加。
投資有価証券売却益を前期は特別利益で計上しています。

※ホームページの情報を使用して投資を行なったも良いですが、自己責任です。
損失が発生しても責任は取れません。
※情報は正確にと努めていますが間違い等もある可能性があります。
投資前にご確認下さい。