4784)GMOアドパートナーズ 2021/2Qまとめ

4784)GMOアドパートナーズ 2021/2Qまとめです。

業績

決算期四半期売上高%営業利益%経常利益%純利益%
2020/122Q17,146-2242-2.942052.231860.7
2021/122Q18,007537655.5413-1.7260-18
2021/12通期(予)35,5002.846025.9450-21.531520.7
項目今期前期%
粗利率17.61%17.27%102%
営業利益率2.09%1.41%148%
販管費率15.52%15.85%98%

・インターネット広告市場→

 2020年度の広告費が2兆2千億円を超えた。

 総広告費に占める割合は36%超の規模にまで成長。

・将来の経済活動の再始動をにらんだ一部業種での広告需要 の回復が進む

売上高は18,007百万円(前年同期比5.0%増)

営業利益は 376百万円(前年同期比55.5%増)

経常利益は413百万円(前年同期比1.7%減)

親会社株主に帰属する四半期純利 益は260百万円(前年同期比18.0%減)

※経常利益・親会社株主に帰属する四半期純利益→

 前年同期に計上された投資事業組合運用益が当第2四半期連結累計期間において減少した事により、前年同期比で減益となりました。

セグメント

エージェンシー事業

「エージェンシー事業」

 広告商品の販売
 提供する広告の管理運用
 →広告主様への営業活動を主に担っております。

プラス要因

 ・一部の業種・業態の顧客における取引が引き続き堅調に推移。
 ・中・小型企業向けの取引→
  前年の商材入替・営業手法の刷新といった取組みが寄与
  セグメント全体での売上高は前年同期から増加。

マイナス要因

 ・中・小型企業向けの取引はやや軟調。

売上高は13,452百万円(前年同期比11.3%増)

営業利益は436百万円(前年 同期比2.8%増)

メディア・アドテク事業

「メディア・アドテク事業」
 
 ・アドテクノロジー商材・自社メディアの開発
 ・メディア様とのリレーション構築

 ・自社開発のスマートフォン向けアドネットワーク「AkaNe」
 ・広告配信プラットフォーム(DSP) 「ReeMo」

プラス要因

 ・巣ごもり影響によるインターネットの接触時間の増加傾向は続いている。
 ・アドテク事業の市場環境は堅調に推移。
 
 ・セグメント利益については粗利率が向上した影響により、増加。

マイナス要因

 ・出稿・仕入にかかる単価などの取引条件や商材ミックスの変動

売上高は5,465百万円(前年同期比3.6%減)、

営業利益は321百万円(前 年同期比67.5%増)

キャッシュフロー

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動による資金の減少は、133百万円(前年同期は343百万円の増加)

増加要因

 ・税金等調整前四半期純利益413百万円
 ・売上債権の減少額406百万円等

減少要因

 ・仕入債務の減少額582百万円
 ・法人税等の支払額168百万円
 ・預り保証金の減少額129 百万円等

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動による資金の減少は、63百万円(前年同期は116百万円の増加)

減少要因

 ・無形固定資産の取得による支出79百万円
 ・投資有価証券の取得による支出25百万円等

増加要因

 ・投資有価証券の払戻による収入59百万円等

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動による資金の減少は、129百万円(前年同期は326百万円の減少)

減少要因

 ・配当金の支払額131百万円

※ホームページの情報を使用して投資を行なったも良いですが、自己責任です。
損失が発生しても責任は取れません。
※情報は正確にと努めていますが間違い等もある可能性があります。
投資前にご確認下さい。