9449)GMOインターネット 2021/2Qまとめ

9449)GMOインターネット 2021/2Qまとめ

業績

 

決算期四半期売上高%営業利益%経常利益%純利益%
2020/122Q106,50010.916,42049.916,01950.44,1813.6
2021/122Q120,48013.122,62037.823,62047.49,703132
項目今期前期%
粗利率53.17%51.20%104%
営業利益率18.77%15.42%122%
販管費率34.39%35.78%96%

プラス要因

・インターネットインフラ事業
 オンライン消費の定着もあり、決済事業・EC支援を中心に堅調に推移。
・インターネット広告・メ ディア事業
 商材入替・営業手法の刷新・原価低減といった取り組みが好調。
 一部の業種・業態の顧客における取引が引き続き堅調に推移

暗号資産事業
 暗号 資産交換事業→暗号資産価格の上昇を受け取引高が好調に推移
 暗号資産マイニング事業→マイニ ングの収益率が上昇しました。

マイナス要因

インターネット金融事業
 前年同期比との比較ではFXCFDともに軟調推移。

売上高は120,480百万円(前年同期比13.1%)

・営業利益 22,620百万円(37.8%)

・経常利益は23,620百万円(47.4%)

親会社株主に帰属する四半期純利益は 9,703百万円(132.0%)

セグメント

インターネットインフラ事業

・「ドメイン」、「サーバー」、「EC支援」、「決済」、「電子認証」を運営。
5大商材全てを自社グループ内で開発・提供
いずれも国内トップシェア
・個人向けにインターネット接続サービスを提供するアクセス事業を運営

「セキュリ ティ事業」⇨「電子認証・印鑑事業」へ変更

 「クラウド・ホスティング事業」に属していた『電子印鑑 GMOサイン』を当該事業へ移行。

プラス要因

 1)ドメイン事業 当該事業
  ・GMOペパボなどが低価格戦略による顧客基盤の拡大を継続
  ・当四半期のドメイン登録・更新数は134万件(前年同期比0.4%)
  ・オプション売上が伸長
 
 2)クラウド・ホスティング事業
  ・個人向けのサービスが好調に推移
  ・契約件数は102.5万件(前年同期比11.9%)

 3)EC支援事業 
  ・巣ごもり消 費・オンライン消費の定着→各サービスが堅調に推移

 4)電子認証・印鑑事業
  ・電子印鑑GMOサイン→顧客基盤、送信数ともに順調に拡大。

 5)決済事業 当該事業
  ・決済関連サービス→EC市場の順調な成長
    ・対面分野における次世代決済プラットフォーム端末の取扱いが大幅に増加。
  ・金融関連サービス→後払い型の決済サービスが堅調に推移
  ・決済処理件数・決済処理金額が順調に増大

 6)アクセス事業 
  ・固定回線が堅調に推移
  ・契約回線数は221万件(前年同期比6.0%)

各詳細売上高
 1)ドメイン事業 当該事業
  ・売上高は2,492 万円(2.7%)
 2)クラウド・ホスティング事業
  ・売上高は3,946百万円(5.9%)
 3)EC支援事業 
  ・売上高は4,195百万円(13.8%)
 4)電子認証・印鑑事業
  ・売上高は1,736百万円(前年同期比5.2%)
 5)決済事業 当該事業
  ・売上高は10,979百万円(前年同期比15.9%)
 6)アクセス事業 
  ・売上高は10,593百万円(0.6%)となりました。
 計)インターネットインフラ事業セグメント
  ・売上高は34,661百万円(前年同期比3.2%) 
  ・営業利益は4,936百万円(5.6%)

インターネット広告・メディア事業

広告代理、アドプラットフォームの提供など総合的なネット広告サービスを運営
自社メディアの運営を通じた広告枠の提供、集客支援サービスを運営。

プラス要因

 1)インターネット広告事業
  ・広告代理では、一部の業種・業態の顧客にお ける取引が引き続き堅調に推移。
  ・自社アドネットワーク商材→
   インターネットへの接触時間の増加により、配信量、広告収益が増加。

 2)インターネットメディア事業 
  ・ヴァーティカルメディアを通じた送客が好調に推移。

各詳細売上高

 1)インターネット広告事業
  ・売上高は8,328百万円(前年同期比 6.8%)
 2)インターネットメディア事業 
  ・売上高は3,526百万円 (前年同期比56.8%)
 計)インターネット広告・メディア事業セグメント
  ・売上高は12,741百万円(前年同期比 18.6%)
  ・営業利益は429百万円(前年同期は53百万円の営業損失)

インターネット金融事業

・個人投資家向けのインターネット金融サービスを運営。

プラス要因

 ・取引口座数→顧客基盤の拡大が続く。
  店頭FX口座が92.9万口座(前年同期比4.4%)
  証券取引口座が47.0万口座(5.8%)
 ・タイ王国での証券事業は堅調に推移。

マイナス要因

 ・店頭FXCFDは相場のボラティリティ低下の影響→
  前年同期比では取引高・収益ともに減少。

・売上高は6,913百万円(前年同期比23.8%)

営業利益は2,129 万円(44.2%)

暗号資産事業

暗号資産事業を運営。
 「マイニング」
 「交換」
 「決済」

プラス要因

 1)暗号資産マイニング事業
  ビッ トコイン価格の上昇を受け収益率が上昇
 2)暗号資産交換事業 
  ・取引口座数は、42.4万口座(前年同期比33.0% )順調に拡大。
  ・暗号資産価格の変動によるボラティリティの高まり→
   取引高は前年 同期比で2.6倍以上。

1)暗号資産マイニング事業

 ・売上高は1,537百万円(前年同期比598.2%)

2)暗号資産交換事業 

 ・売上高は4,142百万円(558.0%)

計)暗号資産事業セグメント

 ・売上高は5,723百万円(前年同期比573.5%)

 ・営業利益は2,347百万円(前年同期は260百万円の営業損失)

インキュベーション事業

キャピタルゲインを目的とした国内外のインターネット関連企業への投資、事業拡大への支援、企業価値向上支援

保有株式の売却

売上高は675百万円(前年同期比189.1%)

営業利益は432百万円(前年同期は15百万円の営業利益)

※ホームページの情報を使用して投資を行なったも良いですが、自己責任です。
損失が発生しても責任は取れません。
※情報は正確にと努めていますが間違い等もある可能性があります。
投資前にご確認下さい。