4689)Zホールディングス 2021/4Qまとめ

4689)Zホールディングス 2021/4Qまとめです。

業績

決算期四半期売上高%営業利益%経常利益%純利益%
2021/034Q1,205,84614.5162,1256.5142,6155.170,145-14.1
2020/034Q1,052,94310.3152,2768.4135,6761081,6753.8

トピックス

・売上収益は1.20兆円(前年同期比14.5%)2年連続で2桁成長を達成

・調整後EBITDA2,948億円 (前年同期比18.8%)増益を達成

・ショッピング事業の成長がけん引し、eコマース取扱高は3.22兆円(前年同期比24.4%)

当連結会計年度の売上収益は下記により前年同期 比で増加。

201911月に()ZOZOを連結子会社化したこと。

20213月に LINE()と経営統合したこと。

・アスクルグループの売上収益が増加したこと。

営業利益は、()ZOZOを連結子会社化したこと等により、前年同期比で増加。

親会社の所有者に帰属する当期利益は、前年同期にPayPay()の持分変動利益108億円を計上した 影響等により、前年同期比で減少

キャッシュフロー

期首880100
営業CF207921
投資CF-12349
財務CF-12070

営業活動によるキャッシュ・フローは、銀行事業の貸付金の増加およびグループ会社間の配当に 係る源泉所得税の納付があったものの、主に税引前利益の計上および銀行事業の預金の増加、グループ会社間の配当に係る源泉所得税の還付により207,921百万円の収入。

投資活動によるキャッシュ・フローは、子会社の支配獲得による収入があったものの、主に銀行事業の有価証券の取得・売却等および無形資産、有形固定資産、株式の取得により12,349百万円の支出。

財務活動によるキャッシュ・フローは、社債の発行および長期借入があったものの、主に短期借入金の繰上返済および長期借入金の返済、社債の償還、配当金の支払いにより12,070百万円の支出

セグメント

コマース事業

・201911月に()ZOZOを連結子会社化し、同社の売上収益が好調に推移したこと。

・ショッピング広告売上収益が増加したこと。

・ワイジェイカード()の売上収益が増加したこと。

コマース 事業の売上収益は前年同期比で増加。

またeコマース取扱高は3.22兆円(前年同期比 24.4%)

以上の結果、当連結会計年度におけるコマース事業の

売上収益は8,402億円(前年同期比17.5%)

営業利益は1,112億円(前年同期比45.7%)

メディア事業

新型コロナウイルスの影響で広告出稿の減少が続いたものの、営業活動やプロダクト改善等により、

メディア事業の広告関連売上収益は、前年同期比で増加

以上の結果、当連結会計年度のメディア事業の

売上収益は3,406億円(前年同期比1.4%)

営業利益

1,501億円(前年同期比4.4%)

次期の見通し

202141~2022331) LINE()との経営統合も踏まえ、20223月期の

連結売上収益は1.52~1.57兆円(前年度比26.1~30.2%)

調整後EBITDA3,030~3,130億円(前年度比2.8~6.2%)を見込んでいる。

業績詳細

売上高1205846
売上原価432446
営業利益162125
販管費591964
粗利率64.14%
営業利益率13.44%
※ホームページの情報を使用して投資を行なったも良いですが、自己責任です。
損失が発生しても責任は取れません。
※情報は正確にと努めていますが間違い等もある可能性があります。
投資前にご確認下さい。