差金取引になったら

解説

差金取引になる要因

差金取引になる主な要因同一日に同一現物株の回転売買をした場合です。

例として同一銘柄を

買い→売り→買いとした場合です。

買い→売り→買いは何故だめ?

買いをした段階ではまだその銘柄を受け取ってはいません。

その段階で売ってしまいます。

まだこの段階ではセーフです。

しかしその売却資金を使ってしまった場合は差金取引に該当してしまいます。

何故だめなのかは偉い人に聞いてください笑

詳しくは関連漫画の漫画も読んでみてください。

対処法

対処法で一番簡単なのは入金するです。

入金してしまえば何も問題はありません。

問題なのは同一資金を使って取引した場合が問題なので

でも入金できるお金があれば苦労しないと言う意見もあります。

信用取引を使う

そのような場合はそもそも現物株で取引せずに信用取引で回転売買をすれば問題ありません。

信用取引なら差金取引のような縛りもなく取引ができますので短期の回転売買をしたい場合は信用取引で行うのも手です。

一言

短期の回転売買をする人は信用取引で取引することも検討するといいですよ

関連漫画

差金取引

<hr>

※ホームページの情報を使用して投資を行なったも良いですが、自己責任です。
損失が発生しても責任は取れません。
※情報は正確にと努めていますが間違い等もある可能性があります。
投資前にご確認下さい。