銘柄を間違える

解説

銘柄を間違える

銘柄を間違えるという事は初心者にはよくある事なのかなと思います。

漫画で紹介しているズームとzoomなどがいい例です。

また似たような会社名もあり間違えやすい可能性が有ります。

日本郵政、日本郵船やソフトバンクグループ、ソフトバンクやNTTデータやNTTなどです。

間違えて買ってしまうと大変ですね。

買う前には確認を

ではなぜ間違うかというと買う前にその銘柄について確認をしていないからです。

最低限四季報の会社紹介を読むとこのような間違いは発生しないと思います。

事業内容等書いてあるので違う場合は根本から書いてることが違いますからね。

銘柄を買う前にはどのようなことをしている会社なのか確認をするのが大事です。

イナゴ投資する場合も銘柄を間違えると意味がないですからね。

そもそもは自分でしっかりと調べて買うのが良いです。

聞いただけだと売る時に困ってしまいます。

ある意味チャンス?

しかし、銘柄間違いはある意味チャンスがあるかと思います。

勘違いされて売られた銘柄などは後日間違いと気づかられると上がる可能性もあります。

勿論逆パターンもあります。

勘違いで過度に売られた銘柄はある意味チャンスな銘柄なのかもしれないです。

一言

株を買う前にはきちんと銘柄について調べましょう!

関連漫画

イナゴ投資について漫画にて解説しています。
あかっとの株漫画ブログ

イナゴ投資家について漫画で解説しています。イナゴ投資の注意点などわかりやすく書いています。…


※ホームページの情報を使用して投資を行なったも良いですが、自己責任です。
損失が発生しても責任は取れません。
※情報は正確にと努めていますが間違い等もある可能性があります。
投資前にご確認下さい。