金投資について

解説

金投資は失敗しやすい!?

金投資は失敗しやすいのかどうか?

私的には金投資は失敗しやすいと思います。

何故失敗しやすい?

金投資は大きく分けてETF、田中貴金属などの現物金(ネット内で保有)、現物で持つになるかと思います。

ETFの場合は信託報酬など、ネット内での保有は手数料が高め、現物金は保管コストなどがかかります。

又、株などと違い金自体は増えません。(株は配当金など)

その為金投資自体は株とかと比べると厳しいです。

金投資の活用法

金は不況になると価値が上がります。

その特性を利用してポートフォリオの一部を金で持つことで株価の下落の緩衝材の役割を果たします。

暴落時は金を売却して株を購入する資金に当てても良いですね。

なので金が上がっているからという理由で金投資を始めるのは正直難しいのかなと思います。

おすすめの金投資

田中貴金属の純金積立

私のおすすめは田中貴金属の純金積立です。

こちらは毎月少額から積立ができます。

他のネット証券などの純金積立の違いは特定保管という保管形式をとっている点です。

※手数料は他と比較すると高めです。

特定保管とは

特定保管とは田中貴金属の財産と客の財産の金をはっきり区別して保管する方式です。

簡単にいうと田中貴金属が倒産しても預けている金は無事ということです。

10万円金貨

次におすすめは10万円金貨で持つという方式です。

ネットの方が便利ですが景気悪化時の緩衝材という役割ではやはり手元にあるのが安心できます。

では何故延べ棒などではなく金貨かというと

投資資金が少なくて済む点と損失が確定している点です。

10万円金貨は金という性質とお金という性質を持っています。

仮に金価格が1g=1円になっても10万円から価値が下がることはありません。

その点安心ですね。

一言

金で儲けようとせずに暴落時の緩衝材として持つと良いですよ!

※ホームページの情報を使用して投資を行なったも良いですが、自己責任です。
損失が発生しても責任は取れません。
※情報は正確にと努めていますが間違い等もある可能性があります。
投資前にご確認下さい。