国内社債のおすすめ

国内社債についての解説漫画です。

リスクが低い投資をしたい

リスクが低い投資をしたいと言うニーズも強いと思います。

人は誰でもリスクを取るのが嫌いな生き物です。

ただある程度リスクを取らないと資産を増やすことは出来ません。

ここでは比較的リスクの低いと言われている国内社債について解説していきます。

個人向け国債

まずは社債ではないですが国内債券の中では最もリスクが低い個人向け国債です。

個人向け国債は日本国の国債を個人でも買えるようにしたものです。

名前の通りそのままですね笑

個人向け国債のメリットは最低金利も保障されており限りなく元本が崩れない点です。(元本保証ではありません。)

デメリットととしては貰える金利が少ない点です。

大手のメガバンとかよりは高いですがそれでも低いです。

1000万円以上持っていて銀行のペイオフ対策で持っておくのは私的にはありかなと思います。

買うなら変動10がお勧めです。

固定3.5もありますがこちらは現在は投資メリットは有りません。

又買うなら各証券会社がキャンペーンを行なっている時の方が僅かばかりお得になります。

ネット銀行預金

次はネット銀行預金です。

こちらは普通の銀行預金と同じような感覚でいいかと思います。

メリットとしては楽天銀行やあおぞら銀行などは個人向け国債よりも利率が高い点です。

利付国債

次に利付国債です。

こちらは特に選択肢には上がっては来ないかと思います。

SBI社債・マネックス社債

漫画でも出ていましたが次は社債です。

社債の中でのおすすめはSBI社債又はマネックス社債です。

こちらはそれぞれSBI証券、マネックス証券が発行している社債になります。

社債ですので国債等と比べるとリスクは高くなります。

ただし金利は国債よりも高くなる傾向に有ります。

投資する際はそれぞれの証券会社が必要になりますので投資したいと思っている方は前もって開設しておくといいかと思います。

ソフトバンクグループ社債

社債の中ではよくソフトバンクグループ社債が出ているかと思いますがこちらはリスクは高めになりますので私的には無しかなと思ってます。

資金が膨大にありリスク分散のために購入したいとかであればありかと思います。

〇〇連動債

〇〇連動債とついたものもよく見かけますがこちらは手出し厳禁です。

別名仕組債と呼ばれています。

利率が高く表示されているので魅力的に見えますが中身は複雑な債券です。

プロ級の腕前になってから買うといいかと思います。

CB債

CB債は転換社債とも呼ばれ株式と交換する権利がついています。

見かけたら是非買いたいですが中々お目にかかれません。

他の会社の社債

他にも社債は多く出回っていますが個人が買える金額では中々ないので考えなくてもいいかと思います。

※ホームページの情報を使用して投資を行なったも良いですが、自己責任です。
損失が発生しても責任は取れません。
※情報は正確にと努めていますが間違い等もある可能性があります。
投資前にご確認下さい。