信用取引の特徴

信用取引の特徴

信用取引とは

信用取引とは証券会社に担保として現金や株などを預けます。

それらを担保に3.3倍までの株取引を行うことができます。(信用買い)

又、反対に証券会社から株を借りて空売りという売りから入る取引を行うことも出来ます。

信用取引を行うことで様々な手段を取ることが出来るため便利です。

大きく利益を出すことが出来る

又信用買いでは自己資金以上の取引を行うことが出来るため自己資金で株取引をやるよりも大きく利益を出すことが出来ます。

又、空売りも出来るため相場が下げ相場の時も利益を狙いに行けるなどのメリットがあります。

反対に大きく損することも有る

ただし自己資金以上で株取引が出来るということは反対に大きく損するリスクも高くなってしまいます。

あまり良くはないですが現物では株価が上がるまで待つ塩漬けという戦略をとることも出来ますが信用買いの場合はお金を証券会社から借りてる以上塩漬けという戦略は取ることが出来ません。

相場が下がった場合は追加で担保を入れる必要が出てくる可能性も有ります。

信用金利というものもあり、保有していれば保有していた期間だけコストもかかってくるため損が大きくなってきてしまいます。

売りから入れる空売りもマイナスサムゲームでの取引になってしまうため塩漬けなどは危険です。

あかっとの株漫画ブログ

ゼロ、プラス、マイナスサムゲームについて解説した漫画です。…


信用取引で大事なこと

信用取引を行う上で大事なことは信用取引の仕組みやコストなど信用取引についての知識を身につけてから始めるのが大事かと思います。

昔は信用取引は審査も厳しく初心者では開設がそもそも出来ませんでした。

是非信用取引をやる際は信用取引についての知識を深めてから検討してみてください。

漫画の原稿

①ま「信用取引ってどんな感じなんですか?

②あ「信用取引は多額の利益が得られる可能性が有ります。

③あ「しかし同時に多額の損失が発生する可能性のある取引です。

④あ「その為、取引の仕組みやリスクなどは十分に把握することが重要ですね。

※ホームページの情報を使用して投資を行なったも良いですが、自己責任です。
損失が発生しても責任は取れません。
※情報は正確にと努めていますが間違い等もある可能性があります。
投資前にご確認下さい。